仲村比呂のブログ

Written by Nakamura Hiro

格好いい大人

大きくなったら、格好いい大人になりたいと思っていた。何となく漠然と。 きっと昔だったら「ゲイナー(今は廃刊?」、今だったら「LEON」等の男性雑誌を読んでいたような人は絶対にそう思っているに違いない。 どうしたらそうなれるのか?目を覚ますよ…

なつかしくもない一人旅

ひとり旅が出来る人がうらやましい。 自分はどうしても途中で寂しくなってしまう。 学生の頃、アルバイトで貯めたお金でひとり旅を企てて一夏かけて日本中を巡ろうと思ったのだが、大阪で友人に会って、次の日に京都市内を巡ってそのまま帰ってきてしまった…

最近、ツイッターっていいなと思った件

私もツイッターをずっとやっているのだが、未だ独特のノリについて行けずに、気になったツイートに対するリツイートばかりにするようになっている。 何だか面白いことを呟こうと思えば思うほど、言葉が出てこない。これが誰かが同じことを呟いたらつまんない…

転職って辛くないですか?

少し前に転職に関する情報は何も持ってないと書いたけれど、実際は一度だけ転職をしている。 新卒で入ったその会社は、一応は名が知れた一部上場企業だったが、入ってわずか一年足らずで辞めてしまった。 その会社は、ファッション関連会社だった。 元々ファ…

その一人すら存在しない、村上春樹の「一人称単数」を読んで

村上春樹の新作短編集「一人称単数」を読んでみた。どうやら文芸雑誌に掲載した短編を集めたもので、新たに書き下ろしたものではないそうだ。 読んでみて、アマゾンレビューにある中国行きのスローボードを思い出すという感想はなるほどなあと思ったのと同時…

役に立つ情報なんて何もないけれど

ブログ(特にて広告収入を目的としたもの)入門の本には、読者にとって役に立つ情報を書きなさいとあります。そして、それを毎日書き続ければ、ある時バズる時が来て、読者が付きそこからある程度の収入が見込まれるようになると。 しかし、そもそもみんなに…

がんばらないのも大変かもしれない。

最近、「無理しない」。「がんばらない」。 というフレーズを使った書籍や、ビジネス書がよく目につきます。きっとみんな頑張っているなあという自覚があるからこそ、こういった題名の本に目が行くのでしょう。 ただ、単純にがんばらなくていいと言われて、…

悲しみは悪意になる?

人の感情を表すものに、喜怒哀楽という言葉はあります。悲しみは哀しみと同じ読みですが、意味する内容は違っています。 悲しみとは、もっと具体的な行動を伴うものでしょう。例えば泣くとか叫ぶとかだとお思います。 イタリアでは「悲しみ」という言葉に、…

絵本を売るのは何と難しいのだろう。

絵本が売れないと言われてはや数十年たちます。五味太郎さんや、高畠純さん、長新太さんの新刊でも1万部売れないと言わています。 時々、書店でよく新刊を手にして読んでみると(最近、ビニールに入っているの書店が多いが)、とても面白い。よく出来ている…

児童文学という言葉に代わる適当な言い方はないのだろうか?

noteの方で少し硬めのエッセイを始めたので、はてなとの棲み分けとして、もう少しブログっぽい、くだけた内容にしていきます。 ところで、普段からずっと感じていることだが、児童文学作家と名乗るのがとても気恥ずかしい。最近、よく耳にする児童ポルノとい…

感情が浮いて出る文章

ご存じのとおり、この世界は言葉で出来上がっています。その前に物があるじゃないかと思われるかもしれませんが、物も結局のところ便宜的に名付けられた物体に過ぎません。便宜的に赤い丸いフルーツを、「りんご」と呼んでいるだけです。 人は、他人を分別し…

誰かの弟子になってみませんか?

今は(と言ってもかなり前から)、お笑い芸人になりたい人は、力がある芸人に弟子入りするよりも、吉本や人力舎などの芸能事務所が設立した学校に入ることが多いと思います。 自分も、吉本の育成学校出身のダウンタウンなどを見て育ったので、芸能界に入るた…

宇宙ってわくわくしませんか?

宇宙という言葉を聞くだけで、なんだがわくわくしませんか。 昔、テレビのクイズ番組で視聴者プレゼントが天体望遠鏡だったとき、はがきを買えるだけ買って応募したことを思い出します。 天体望遠鏡は手に入らなかった代わりにはまったのが星座でした。 しか…

本のライバルといえば?

本のライバルは何かと日々考えている仲村です。 ライバルと言えば、テレビ、ゲーム、SNS色々あると思います。エンターテイメントの全般と言ってもいいのかもしれません。 少し前までは、テレビが本の最大の敵と見なされていました。テレビのせいで本を読まな…

世界史は何で学びました?

世界の歴史と聞くと何を思い出しますか?恐らく学校に習う世界史の教科書なり参考書を思い浮かべるでしょう。 私は、教科書ではなく小学館から出ていた世界の歴史という漫画シリーズを思い出します。 小さい頃は両親から漫画は禁止されていたので、唯一の例…

眠れない時何を考えていますか?

眠れないのはとにかく辛いですよね。私も小さい頃からずっと不眠症でした。 その当時、眠れない人にはおわかりだと思いますが、ベットに入ってさあ寝ようとするのですが、眠れずにベットの上で右向いて、左向いて、さらにそれを繰り返す、拷問のようなゴロゴ…

ノルウェーの森はどこに?

BE・FREE、Ζガンダムと来て、『ノルウェーの森』です。たぶんですが、日本人の中でまず間違いなく、一番読み返した人だと思っています(他人と比べることではありませんが)。 回数でいえば、百回以上は通読したと思います。それもただ読むだけでなく、頭か…

犬を飼ったことがありますか?

犬をずっと飼いたいと思っています。しかし、今はペット不可の賃貸マンションに暮らしているために、ずっと飼えないでいます。 それでも、何とか飼えないかと思って、賃貸契約書を見直すと、はっきりとペット不可(犬、猫等)とありましたので、今度ばかりは…

パプティマス・シロッコは好きですか?

前回、人生を変えた5つのものを挙げるならとして、江口達也氏の『BE FREE』を挙げましたが、2つ目はまたサブカルと思われるかもしれませんが、『Ζガンダム』です。 ガンダムについては以前書きましたが、まだまだ書き足らないので、今回はその中でもΖガン…

ブログ辞めたくなりません?

ブログをやっていてネタに困ったことはありません。それこそ哲学的命題や、法律、読んだ本、見た映画など、いくらでも転がっています。 しかし、半年近くたって実感したことは、ネタはたくさんあって、書くことがいくらたくさんあっても、本当に書きたいとい…

判例は一つの物語?

法律を勉強した人は、一度ぐらいは判例百選という本を読んだことがあると思います。ちなみに判例とは裁判の記録であり、事件の経過から判決までをコンパクトにまとめたものです。 その中で、憲法や刑法など、その後の裁判において、判断するための規範となっ…

BE FREE?

少し前まで(特に飲み会のとき)初めて会った人に、人生を左右した物や人を何でもいいから五つだけあげてみて、やたら訊ねていた時期があります。 選んでもらうのはもちろん有名人でも、歴史上の人物でも、本でも漫画でも何でもありです。 なぜそんなことを…

散歩に行きませんか?

以前にも書いたかも知れませんが、私は散歩が好きです。人から趣味は何ですかと聞かれたときは、「散歩」ですと答えることが一番多いです。 しかし、そう答えると、相手方は「そうですか、散歩ですか・・・」という鈍い反応になることがほとんどです。 恐ら…

幸せの三角形を描けますか?

志村けんさんが亡くなりました。このブログではあまり旬のトピックスは扱いたくないと思っていたのですが、どうしても書きたいので書かせていただきます。というのもそれだけショックだったのです。わりにリアルタイムに見ていた世代なので。 しかし、その社…

働き方は生き方?

物語る暮らしの中で、ずっと考えているテーマがいくつかあるのですが、その中に「働くこと」というのがあります。 元々興味があったのですが、一時期労働法を専門にする仕事についていたこともあって、その時働くと言うことを真剣に考えざるを得なかったので…

縦書きか横書きか?

最近、ブログを始めTwitterでも、横書きがほとんどです。ネット環境の中では、テキストはほとんど横書きと言ってもいいでしょう。そして最近私も始めたnoteも、小説を始めとして全て横書きになっています。 今の学生は、スマホやパソコンで情報を摂取するの…

自己啓発本、好きですか? 

一見文学とは相性が悪そうな自己啓発本(ビジネス本)ですが、私は案外好きです。本屋に行くと必ず新刊を手に取ってぱらぱらと眺めます。 自己啓発本とは、お金の稼ぎ方を含めて、どう生きるか、働くかということがテーマとなっています。 しかし、実はその…

終活っていつから?

ウィキペディアによると「終活」とは、人間が自らの死を意識して、人生の最後を迎えるための様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉とあります。 一般的にも、終活というのは、定年後や子どもが独り立ちした後ぐらいの年齢ぐらいの人が始めるこ…

「暮らし」というのは死語?

「暮らし」と聞きますと、同じような意味の生活という言葉より、少しだけ上品に聞こえる気がします。 このブログの「暮らしの文学」という題名は、敬愛する池田晶子氏の最後の著作「暮らしの哲学」からヒントを得たものです。 「哲学的エッセー」という分野…

もう一度めぐりあえたら?

昔から機動戦士ガンダムシリーズのファンです。特にファーストガンダムから始まる宇宙世紀シリーズが好きです。 ほぼすべてのガンダムシリーズを見てきたといっても良いのですが、実はそもそもの始まりのファーストガンダムについてはテレビシリーズの後半は…