仲村比呂のブログ

Written by Nakamura Hiro

格好いい大人

大きくなったら、格好いい大人になりたいと思っていた。何となく漠然と。 きっと昔だったら「ゲイナー(今は廃刊?」、今だったら「LEON」等の男性雑誌を読んでいたような人は絶対にそう思っているに違いない。 どうしたらそうなれるのか?目を覚ますよ…

最近、ツイッターっていいなと思った件

私もツイッターをずっとやっているのだが、未だ独特のノリについて行けずに、気になったツイートに対するリツイートばかりにするようになっている。 何だか面白いことを呟こうと思えば思うほど、言葉が出てこない。これが誰かが同じことを呟いたらつまんない…

役に立つ情報なんて何もないけれど

ブログ(特にて広告収入を目的としたもの)入門の本には、読者にとって役に立つ情報を書きなさいとあります。そして、それを毎日書き続ければ、ある時バズる時が来て、読者が付きそこからある程度の収入が見込まれるようになると。 しかし、そもそもみんなに…

悲しみは悪意になる?

人の感情を表すものに、喜怒哀楽という言葉はあります。悲しみは哀しみと同じ読みですが、意味する内容は違っています。 悲しみとは、もっと具体的な行動を伴うものでしょう。例えば泣くとか叫ぶとかだとお思います。 イタリアでは「悲しみ」という言葉に、…

児童文学という言葉に代わる適当な言い方はないのだろうか?

noteの方で少し硬めのエッセイを始めたので、はてなとの棲み分けとして、もう少しブログっぽい、くだけた内容にしていきます。 ところで、普段からずっと感じていることだが、児童文学作家と名乗るのがとても気恥ずかしい。最近、よく耳にする児童ポルノとい…

感情が浮いて出る文章

ご存じのとおり、この世界は言葉で出来上がっています。その前に物があるじゃないかと思われるかもしれませんが、物も結局のところ便宜的に名付けられた物体に過ぎません。便宜的に赤い丸いフルーツを、「りんご」と呼んでいるだけです。 人は、他人を分別し…

誰かの弟子になってみませんか?

今は(と言ってもかなり前から)、お笑い芸人になりたい人は、力がある芸人に弟子入りするよりも、吉本や人力舎などの芸能事務所が設立した学校に入ることが多いと思います。 自分も、吉本の育成学校出身のダウンタウンなどを見て育ったので、芸能界に入るた…

眠れない時何を考えていますか?

眠れないのはとにかく辛いですよね。私も小さい頃からずっと不眠症でした。 その当時、眠れない人にはおわかりだと思いますが、ベットに入ってさあ寝ようとするのですが、眠れずにベットの上で右向いて、左向いて、さらにそれを繰り返す、拷問のようなゴロゴ…

犬を飼ったことがありますか?

犬をずっと飼いたいと思っています。しかし、今はペット不可の賃貸マンションに暮らしているために、ずっと飼えないでいます。 それでも、何とか飼えないかと思って、賃貸契約書を見直すと、はっきりとペット不可(犬、猫等)とありましたので、今度ばかりは…

散歩に行きませんか?

以前にも書いたかも知れませんが、私は散歩が好きです。人から趣味は何ですかと聞かれたときは、「散歩」ですと答えることが一番多いです。 しかし、そう答えると、相手方は「そうですか、散歩ですか・・・」という鈍い反応になることがほとんどです。 恐ら…

幸せの三角形を描けますか?

志村けんさんが亡くなりました。このブログではあまり旬のトピックスは扱いたくないと思っていたのですが、どうしても書きたいので書かせていただきます。というのもそれだけショックだったのです。わりにリアルタイムに見ていた世代なので。 しかし、その社…

自己啓発本、好きですか? 

一見文学とは相性が悪そうな自己啓発本(ビジネス本)ですが、私は案外好きです。本屋に行くと必ず新刊を手に取ってぱらぱらと眺めます。 自己啓発本とは、お金の稼ぎ方を含めて、どう生きるか、働くかということがテーマとなっています。 しかし、実はその…

終活っていつから?

ウィキペディアによると「終活」とは、人間が自らの死を意識して、人生の最後を迎えるための様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉とあります。 一般的にも、終活というのは、定年後や子どもが独り立ちした後ぐらいの年齢ぐらいの人が始めるこ…

「暮らし」というのは死語?

「暮らし」と聞きますと、同じような意味の生活という言葉より、少しだけ上品に聞こえる気がします。 このブログの「暮らしの文学」という題名は、敬愛する池田晶子氏の最後の著作「暮らしの哲学」からヒントを得たものです。 「哲学的エッセー」という分野…

最強のモテ理論とは?

大学時代の友人で、かつて「モテ理論」というものを標榜する男がいた。 その理論はいたって簡単である。「人は2種類に分かれる。モテる奴かモテない奴」だ。 その理論は、中学時代に発想され高校時代で検証し、大学時代に完成させたらしい。 そして、その理…

自由はどこにあるのか?

「自由」という言葉は、みんな好きだと思います。もちろん私も好きです。以前、何かの雑誌での調査を見たとき、好きな言葉のアンケートで、「夢」についで二位に選ばれていました。この結果はまあ納得いくものだと思います。 しかし、夢について考え始めるの…

ノマドな生活はダイエット?

前回、ノマドに触れましたが、正直言って私も一時期ノマドに憧れていた時期がありました。旅から旅へ、その移動すること自体に価値を見い出す生き方。モンゴルの騎馬民族のように。 ノマドの人は言います。移動することにより、新しい発見をもたらします。人…

パワースポットを巡っていますか?

パワースポットという言葉も世間的にすっかり定着して、パワースポット巡りは相変わらず流行っています。テレビ番組や雑誌でも、神社や仏閣、霊山や、霊場。様々なところが取り上げられているだけではなく、バスツアーすらあります。 私の友人にもパワースポ…

語ることは小説から学べるだろうか?

人は語らなくては生きていけない。もちろん言葉に限られたことではなく、身振り手振りを含めたボディランゲージも入る。意思表示と言い換えてもいいだろう。 そして、一番スタンダードな言葉での意思表示は、まず当然ながら、相手と同じ言語を共有していなく…

時間の流れと年末年始

いよいよ2019年も終わりです。いい1年だったでしょうか。 会社によっては、来週から休み入るらしいです。今年はカレンダー上の曜日の並びで例年より休みが長くなっています。 自分は、俳句を詠んでいるせいもあって季節(季語)には敏感ですが、土日、…

瞑想とは悩まないこと?

先日、瞑想のことを書いたらもっと迷走した仲村です。というのは前回の後、いくつか質問を受けました。 その中の一つが、「思考を切断することで、どうして救われるのか」というものでした。確かに少し言葉足らずだったので、補足させていただきます。 繰り…

瞑想はお好きですか?

日々、迷走はしていますが、瞑想するのは好きな仲村です。毎日これを行うのが日課となっています。 瞑想をしていると言うと、少し前まではオカルトっぽいか、宗教的なイメージをもたれがちだったと思いますが、近頃は、外国の著名人を含めて瞑想を健康法の一…

紅葉はどうやって狩るのでしょう?

小さい頃、大人達が秋になると、紅葉を見に行く理由がよくわかりませんでした。紅葉のどこがきれいなのかと。ただの枯れ葉の集まりではないかと。 そしてそれは案外大きくなるまで続きました。なぜ、人々は秋になると、わざわざ遠くまで紅葉を見に行きたがる…

信用をどう使います?

お金というモノが未だによくわかりません。大切なものだということはわかります。お金は、モノとモノの交換価値という意味もわかります。すでに金本位制ではないこともわかります。ベーシックインカムにも賛成です。前澤友作さんが目指す「お金のない世界」…

努力はしたくない?

昔から努力という言葉が嫌いです。ただし、嫌いだからといってまったくしないというわけでもありません。好きなことについては、目標を定めて計画を立て、その遂行のために毎日の生活習慣すら変更し、わりにねちねちと頑張るタイプです。 もちろん、それはあ…

選択と後悔は無限に続く?

人は後悔します。後悔するのが人間だと言ってもいいでしょう。進学や就職、結婚でも何か自分で選んだ結果、それが失敗に終わったと思うからでしょう。 あの時、あの人と結婚していたら、あの会社を行っていたら、あの大学に行っておけば、あの商品を買わなけ…

にわかファンでいいですか?

ラグビーのワールドカップが開催されていて、大変な盛り上がっているとのことです。こんな他人事のように言うのは、ほとんど興味も無く、試合を見ないからです。直に見るだけでもなく、それを報じるテレビも、新聞も見ないからです。 しかし、ずっとではあり…

台風と聞いてワクワクしますか?

台風がやってきて過ぎていきました。台風と聞きますと、生前父が、NHKの台風ニュースを見て夜中まで起きていたことを思い出します。 父は、伊勢湾台風を経験しています。それはすさまじい台風だったらしく(なんと900ヘクトパスカル)で、名古屋市内の川…

トリエンナーレって面白くないですか?

「トリエンナーレ」とは、国際美術展覧会という意味らしいです。原意はイタリア語で「3年に一度」ということですから、単純に言って数年に一度行う展覧会ということでしょう。自分としては展覧会と聞くとつい、有名なムソルグスキーの組曲のメロディを思い…