仲村比呂のブログ

Written by Nakamura Hiro

履歴書の「趣味の欄」って何を書きますか?

 私にはこれといった趣味がありません。眠ったり、ぼーっとしたり、雲を見たりと、好きなことはいくつかありますが、人に言えるようなことは取り立ててありません。

 

 そのことで、これまで一番悩んだのは、就職活動などで履歴書を書く時でした。
 もちろん履歴書ですから、読んだ人に興味を持ってもらわなくてはなりません。就職試験となればなおさらです。
 長所、欠点の欄は簡単に書くことができます。マニュアルもありますし、普段から書き慣れていることなので、過去の例に従って書けばいいだけの話です。 

 

 しかし問題は「趣味」の欄です。
 いったい趣味ってなんでしょう?もちろん、好きなこと、夢中になっていることです。しかし、基本的に人に教えたいものなのでしょうか。
 もちろん、野球、テニス、スキーなど、胸を張って言えるような趣味ならいいでしょう。
 

 さらに特技・資格の欄で全国大会優勝、スキーのバッチテスト1級合格などと書ければ最高です。読む人はその人となりを何となく掴めるはずです。
 しかし問題は、本当に好きなことで、これまで全精力を傾けてきたが、あまり人に自慢げに言えないこと(行為)だったときです。
 

 これも就職試験を例にすれば、趣味に「女装」とか、「風俗」とか書いたら、人間性はわかってもらっても別の意味で完全にアウトでしょう。
 そうなると、読む人が求めるであろうことを思って書くことになります。何となく好きかもしれないけれど、たいして好きでもないことを書く結果になります。
 

 おそらく「読書」、「音楽鑑賞」、「映画鑑賞」というのが、黄金のスリートップでしょう(もちろん本当に好きな人もいるでしょうが)。
 しかし、今の面接では、読書好きなら、愛読書の題名までは聞かれはしないので、読んだ人はこの欄からは、何の人間性を感じ取ることができません。
 心の中で「あー、つまり趣味がないってことね。若しくは言いずらい趣味ってことか」で終わってしまいます。
 

 ならばどうすれば、どうしたら人間性を理解してもらうのと同時に、どう興味を持ってもらえるか、それは専門の就職応援サイトに譲るとして、
 音楽鑑賞なら「バッハの室内楽を聴くこと」、映画鑑賞なら「イギリスのスパイ映画」とより具体に書くといいのかもしれません。 読む人も、この人は本当にそれが好きなんだなと思われますし、話を広がりやすいでしょう。
 

 やはり、履歴書の趣味の欄は、一般の社会常識として、みんなが好感を持つようなこと(行為)でなくてならないという、共通認識を決して崩してはいけないのだと思います。
 そうなると、「純文学執筆」、「アングラ演劇」、「パンクロックグループ活動」はどうなのでしょう。これは、逆に具体的に書きすぎて駄目なケースでしょう。
 

 私の場合、かつて就職試験に挑むにあたり、趣味の欄はおろか、面接においても、ずっと「小説執筆」と言い続けてきました。
 

 事実、本当に小説しか書いて来ませんでしたし、本気だったので嘘をつくのがどうしても嫌だったからです。それで落とすなら落としてくれという気持ちでした(今思えば、完全に社会を舐めていました)。
 

 当然、何とか書類選考は通っても、面接で落とされ続けました。それほどまでに、小説執筆は反社会的行為なのかと思ったぐらいです。
 

 しかし、就職活動期間も終わりに近づき、時間も気持ちも追い詰められると、やむを得ず前述したような「読書」、「音楽鑑賞」、「映画鑑賞」と趣味の欄を変えざる得なくなりました。
 

 そして、面接では少し専門的な話ができるように前もって答えを周到に準備しておきました。
 すると、びっくりするぐらい状況が好転していったのです。次々に内定をもらえることができました。そのときなるほどと思いました。趣味の欄とは、相手が書いて欲しいと欄なのだと(遅すぎますが)。
 

 話はもどりますが、面接で落ちまくっていたとき、「小説執筆」という言葉は、採用者にとっては案外気になるらしく、必ず面接でこう聞かれました。
「どういう内容のものを書いているの?」、「受賞経験は?」、「会社に入っても続けるの?」と。
 

 しかし、これも嘘偽りなく正直に答えました。「純文学です」、「ありません」、「当然書き続けます」。
 極めつけは、「受賞したら?」、「辞めるつもりです」。これでは面接が通る訳がありません。
 

 そして、最終的に就職した会社の趣味の欄は「特になし」でした。
 ここで再び、気持ちの変化が起きていたのです。
 

 もちろん、現実に妥協したわけではなく、自分にとって「小説を書くこと」は、趣味どころではなくライフワークだと思うようになっていたからです。
 それは「書くこと」が趣味の範囲を超越した瞬間でした。その決意を固めた結果が「特になし」でした。
 
 そしてこの「特になし」ですが、それに作戦が隠されています。「本当に趣味はないのですか?」と聞かれた時、「会社に入ってから教わりたいと思います」と答えるのです。
 

 それを聞いた採用の人は、間違いなく喜んでくれます。
 さらにこう付け加えると加点でしょう。
「御社にお世話になることができましたら、その時いろいろ教えてください」と。姑息なやり方かもしれませんが、これは決して嘘でもなく、自分を偽ることでもありません。
 

 それ以来、人から趣味と聞かれて「特にない」と答えるようになりました(この方法は普段の社交でも使えます)。
 会社に入る前から「趣味は仕事」と趣味の欄に書く人がいてびっくりしたことがありますが、それは採用の人が求める答えとしてどうなのでしょうか。今思うと首を傾げたくなります。
 

 結局、趣味とは自分が決めるものではなく、過去を振り返って、仕事以外で一番時間を費やしていたこと(行為)だと思います。現在ではなく過去。
 

 人によっては、自分はワインのような高尚な趣味を持っているつもりでも、振り返ったらSNSや課金ゲームに一番時間を使っていたということも十分にあり得ます。
 そして、今、就職活動をしたら「特になし」を超えて、「全て」と書くだろう仲村でした(大人げない)。
 ではまた

趣味は何ですか? (角川文庫)

趣味は何ですか? (角川文庫)

  • 作者:高橋 秀実
  • 発売日: 2013/01/24
  • メディア: Kindle版
 
無趣味のすすめ 拡大決定版 (幻冬舎文庫)

無趣味のすすめ 拡大決定版 (幻冬舎文庫)

  • 作者:村上 龍
  • 発売日: 2011/04/12
  • メディア: 文庫