仲村比呂のブログ

Written by Nakamura Hiro

パワースポットを巡っていますか?

 パワースポットという言葉も世間的にすっかり定着して、パワースポット巡りは相変わらず流行っています。テレビ番組や雑誌でも、神社や仏閣、霊山や、霊場。様々なところが取り上げられているだけではなく、バスツアーすらあります。

 

 私の友人にもパワースポット巡りが好きな者がいますが、世の中には想像以上に好きな人がたくさんいるのでしょう。
 そういうパワースポット巡りが好きな人を馬鹿にするつもりはないですが、私自身はそういった御利益はまったく信じていません。

 

 だからと言って、「この石に触ったら御利益があります」と友人に言われれば、変な理屈をこねたり、頑なに拒否したりと言ったようなことはしません。友情を失ってまでわざわざ主張することでもないですから。

 

 それどころか、願い事をいくつか言ったりもします。信じてはいませんが、ひょっとしたら人知を超えた存在で、本当に御利益があるかどうかもしれないからです。それは信じる信じないとは別次元の話です。パワースポットも、信じていないからパワーは分けてあげないとは言わないでしょう。

 

 ただ、たまに、そういう御利益があると言われている石のそばには、それこそ生き神を見るようにひれ伏し、真剣に祈りを捧げている者を見かけたりします。かつて砂利の上でひれ伏している者さえ見たこともあります。

 

 もちろん、そういう人の中には、本当に重い病や、理不尽な運命に翻弄されて不幸を感じている人もいるとは思いますが、テレビや雑誌を鵜呑みにして、ご利益だけを得よう思っているだけで訪れている者の多いでしょう。
 一日をかけて辺り一帯のパワースポット巡りをするためのツアーもあると言います。
 こういう話を聞くとさすがに少し違和感を抱きます。

 

 そういう人たちにとってのパワースポットとは、神様や、精霊に感謝や敬意を払いながらも、最終的には「試験に受かるように」だったり、「運(お金や仕事)が向くように」だったり、「恋人が出来ますように」といった現世利益を叶えたいというの内容がほとんどでしょう。

 

 ツアーによってあちこちのパワースポットを巡って、そのたびに同じ現世利益を思って、なんとも思わないのか少し不思議に思います。そもそも救いとは何かを考えないで、どこの何が救われると言うのでしょう。
 正直言って、こくいうパワースポットを巡るだけ、巡ってひたすら現世利益だけを求めるのは、ちょっと引いてしまう行為に思えます。似た例で言えば、百貨店のバーゲン会場で、気に入った服を我先に争いっているのと同じです。

 

 たしかに気に入った服が手に入ったように、願っただけの御利益はあるかもしれません。その可能性は完全には否定しません。パワースポットを巡って本当に救われた人もいるかもしれません。
 そうだとしても、パワースポット言う外部要因で救われてうれしいのでしょうか。お金が入って来てうれしいのでしょうか。恋人が出来てうれしいのでしょうか。もし叶った後、お礼に行くにしても、どのパワースポットなのか本当にわかるでしょうか。私が願いを叶えたパワースポットだったらきっとむっとします。

 

 私が思うのは、例えば金運一つをとっても、お金をどう稼ぐのか、どれぐらい必要なのか、そのために何をすべきなのか、捨てるべきなのか。それを全部自分の責任の下に決めることこそが生きる醍醐味だと思っています。
 パワースポット巡りなどは、そういった人生の醍醐味を自ら捨てているようなものです。パワースポットに真剣に願いをすればするほど、自分の人生のハンドリングを誰かに手渡しているのと同じです。

 

 そういう人は、おそらく新たなる試練が来れば、再びパワースポットや神社にすがるようになるでしょう。
 話は少し大きくなりますが、パワースポットというのは究極的には神がいるかいないかという話になるのだと思います。私自身、神はいるともいないとも思っていません。
 「わからない」というのが本音ですが、もう少し厳密に言えば“いるかもね”という気持ちに近いと思っています。

 

 神の実存については、哲学的推論に委ねるとして、哲学者のカントではないですが、認識できない存在のすべては、“いるだろう”又は“あるかもね”の二言で済ませられると思っています。それ以上のことについては、全てはファンタジー、つまり物語に過ぎません。

 

 パワースポットに対しても、自分の抱えている悩みや苦しみ、生老病死を楽にしてもらおうとはあまり思っていません。
 万が一でも、目の前に万能の神様が現れて、楽にしてあげようと言われても断るつもりです(ただし、かなり精神的に弱っていたらわかりませんが)。

 

 真剣にパワースポットを巡りをしているような人は、得てして基本的に優しい人が多いと思っています。心を病んでいて何とか回復したいと思っていたり、傷ついて立ち直りたいと思っていたりする人達も多いと思います。
 だから、繰り返しになりますが、神にもすがる気持ちで、パワースポットを訪れるのは否定しませんが、それで人生のハンドリングを他の何かに委ねてしまうようなことになるのは、何かもったいない気がします。

 

 もし、現実の中で、借金があって首が回らないから、とにかくお金が得たいだけなら、自己破産を検討する。パワハラでうつ病気味なら思い切って辞めればいい。現実の問題は、まずは現実的な手段を考えることが先決だと思います。

 

 もちろん言葉にするのは簡単で、それが出来ないからこそすがるというのもわかりますが、現実の中で起きた悩みは現実の中でしか解決できません。
 そして、その悩みを自分の手で解決したときこそ、それで人生をも変えることができたら、その人の経験を伝えることで、きっと誰かに影響を与え、導きうるパワースポットのような存在になり得ると思います。

 

 つまり自らがパワースポットになってしまえば、わざわざお金と時を使って、パワースポット巡りをする必要もないということです。
 といいながらも、神社に行くと必ずおみくじを引いて、一喜一憂する仲村でした。
 ではまた