仲村比呂のブログ

Written by Nakamura Hiro

BE FREE?

 少し前まで(特に飲み会のとき)初めて会った人に、人生を左右した物や人を何でもいいから五つだけあげてみて、やたら訊ねていた時期があります。

 選んでもらうのはもちろん有名人でも、歴史上の人物でも、本でも漫画でも何でもありです。

 なぜそんなことをするのかというと、その5つでその人の全体像が何となくぼやーっと見えてくるからです。経験上、3つでは少ないです。10個ではちょっと適当になりがちになるので、ちょっと多すぎます。

 そして聞いた以上、自分も当然聞き返されることになるのですが、その五つは自分の中で、この何十年間まったく変わっていません。その中に『BE FREE!』という漫画が入っています(歳がわかって恥ずかしいですが)。

 これは、江川達也氏のデビュー作にして、当時の話題作(エロ漫画として)でした。ストーリーは学園物で、新任の数学教師(作者も元中学校数学講師)が進学校に赴任してきて、トラブルを巻き起こすというものです(当初は)。

 なぜ、この漫画が人生を変えたかというと、さきほど(当初は)と書いたように、最初は破天荒な教師が巻き起こすドタバタ漫画でした。

 いじめや、おちこぼれなど学校に起こるありがちな問題を、その教師はとんでもない方法で解決していきます。その解決方法がとにかく斬新だったのです。

 そしてその解決方法は完全に生徒側に寄り添うものでした。ありきたりの道徳論や、人生論を持ち込んで解決するのではありません。

 時には学校とぶつかっても生徒本人の個性に寄り添った方法を採るのです。そのやり方にまずは衝撃を受けました。その解決方法に、周りの先生や生徒、そして解決を願う当人ですら唖然とするのですが、最後は先生を受け入れて感謝するようになります(本当の先生として)。

 そこには、学校という場所に対する皮肉やアンチテーゼが含まれていますが、リアルタイムに生きていた自分には、とても納得がいくものでした。

 しかし、これだけの漫画でしたら、人生を変えた5つにはノミネートされなかったでしょう。この主人公の教師はやがて、おちこぼれ(実はそれぞれ隠れた特殊技能を持っている)を集めたクラスの担任となり、このクラスによって学校全体を変えていきます。

 そして最後には校長になるのですが、カリキュラムも時間割もない、まさに自由な学校を作ります。

 その時かつてガチガチの進学校だった頃、あまりの校風になじめずやっていた中年の教師が、しみじみとこうつぶやきます「こんな学校で働けて良かった」と。

 それは、当時の受験戦争(今でも実は続いている)の中で窒息しかけていた自分の、学校への思いがまさに体現されていた言葉でもありました。

 そして、それはそのまま自分なりの教育観へと繋がっていきました。今ではこの江川氏が描きたかった学校は、結構現実化しています。初めての東大生を出したKADOKAWAが創ったN高等学校もその一つでしょう。

 もし、今中学生だったらきっと間違いなくN高等学校に入っていたと思います(授業料の問題はありますが)。

 別に自分は、ドワンゴのまわしものでもなんでもないですが、今後こういったスタイルの学校が多くなっていくと思います。というより主流になっていくでしょう。

 よく通信だと団体行動を学べない、集団生活が苦手になると言われていますが、あの息が詰まるような一つのクラスというものに閉じ込められて、やりたくもない勉強を何十年もやらされる弊害の方がずっと多いと思います。

 つまり江川氏の『BE FRREE!』は、大げさかもしれませんが、自分にとって教育の未来についての予言の書であり、エロとエンタテインメントが含まれた教育論漫画だったのです。

 今読むと若干古いのと、江川氏特有(東京大学物語が顕著)の話の結末に首を捻るところがあったりで、無闇におすすめはできませんが、固い教育論の本を読むよりは、楽しみながら教育について考えさせてくれる良書だと思います。

 もう一度、江川達也氏の熱がこもった新作を読みたいと思っている仲村でした。
 ではまた

BE FREE!(1) (モーニングコミックス)

BE FREE!(1) (モーニングコミックス)

  • 作者:江川達也
  • 発売日: 2012/12/03
  • メディア: Kindle版