仲村比呂のブログ

Written by Nakamura Hiro

判例は一つの物語?

 法律を勉強した人は、一度ぐらいは判例百選という本を読んだことがあると思います。ちなみに判例とは裁判の記録であり、事件の経過から判決までをコンパクトにまとめたものです。

 その中で、憲法や刑法など、その後の裁判において、判断するための規範となったものを選りすぐってたものが百選であり、実際は100ちょうどではないですが、おおよそ100ぐらいで代表的な事件が載っています。

 大学時代、レポートの課題として出されて、これを読まなくてはならないときは、苦痛でしょうがありませんでした(必須科目だったので)。独特の言葉、独特の言い回し、多くの学説、よくわからない落とし所。

 そもそも文章がそのものが難解なため、読むこと自体がまず大変でした。通読しても意味がまったくわからない。文学の文章になじんでいる自分にはまったくのお手上げでした。それに仕事にするつもりもなかったので、まったくの無駄な勉強だと思って適当に済ませていました。

 その後、社会人になり、なりゆきから法律を扱う仕事につくことになったときも、当初は法律を毛嫌いしていました。毛嫌いというよりも、法律などは不毛な殺伐とした暗記モノだと。文学信奉者にありがちなように一方的に見下していたのです。

 しかし、そのまま年を重ね、それなりにいろいろな社会経験を積んで、ある日再び百選を手にして読むことになったとき、それはたまたま刑法でしたが、読み物としてとても面白く読めたのです。意味もわかり、その結果にふうむと頷きました。

 そもそも百選に載っている事件というのは、前例のない変わった事件ばかりです。刑法で言えば、むじなと、めじなを間違えて狩猟したから罰せられたとか、監禁されたマンションから脱出して、高速道路に逃げ込んでひき殺された事件とか、あまりにも奇想天外過ぎてドラマのネタにもならない事件ばかりです。

 百選では、それに合う法律の条文を探し出し、規範を使って事実を当てはめて結論を出すのですが、その判断経過の全てが、初めて知ったように新鮮に映りました。なるほど人間の世界では問題は、こうやって解決するのだといたく感心したのです。

 もちろん、読み物としてはエンターテイメントとして作られているのですから、当然小説の方が面白いですが、このとき判例も一つの物語だと思えたのです。

 そして、考えたのがこの百選を利用して、ここからいろいろな小説を作れるのではないかということでした(すでに作られているかもしれませんが)。

 刑事訴訟法からサスペンス、民事訴訟法から法廷劇、会社法から敵対的買収等。

 そして私も、実際に書いてみたのですが、どうにもしっくりきません。うまく物語に昇華できないのです。

 その原因を考えてみたところ、2つの理由がわかりました。
 1つ目は、法律を使うときの脳と、創作で使う脳がまったく違っているということです。どうしても判例を読んでいると、論理的に頭を働かせます。そのときは場面展開のスムーズさとか、細かい伏線とかが入り込む余地はありません。

 逆に創作をしている時の脳は、そういった論理的な解決をはじいてしまうのです。心情とか内的心理とかで頭がいっぱいになっているからです。

 2つ目は、ブログのネタとして、安易に芸能ゴシップを使うようなもので、どこか「ずる」をしているような気持ちになるからだと思います。

 創作というのは、どこまで行ってもゼロの地平線から、自分の力で物語を立ち上げる行為であり、それは自分の中からふつふつと湧き上がってくるマグマを利用しなければなりません。

 つまり、自分とかけ離れた他人の問題をいくら扱おうとしても、それはすでに自分の問題ではないということです。

 ならば、どうすればいいかというと、書けるとしたならば自分と同じような境遇で起きた、または遭遇した事件を百選の中で見つけ、自分の人生になぞらえた物語を作ればいいのだと思います。

 けれど、そんな事件を膨大な判例の中で探すのは、ほぼ不可能に近いでしょう。現実にやる人もいないと思います。

 しかし、法律を深く勉強した司法試験受験者などは、自分に身につまされたり、親近感を覚えた判例は一つぐらいあったはずです。

 そしてもし、これを元に小説でも書こうという意思が少しでも芽生えたら、この判例は最高のネタとなり得ると思います。

 少し前に、法律家もぜひ文学の世界に来て欲しいと書いたのもそういう意味です。一作は必ず面白いものが書けるはずです。

 そして逆に、こらから自分の書いた小説でもって、これから世界を震撼させたいと思っている人は、法律を勉強するのも一興かもしれません。こうした法律と文学についての関係は私にとっての人生のテーマですから、これからも折に触れて書いて行きたいと思っています。

  百選というからには、記載判例はちょうど100にして欲しい(実際は130ぐらいある)と思っている仲村でした。
 ではまた

【合本】憲法判例百選I・II(第7版)

【合本】憲法判例百選I・II(第7版)

  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: Kindle版
 
刑法判例百選I総論(第7版) 別冊ジュリスト

刑法判例百選I総論(第7版) 別冊ジュリスト

  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: Kindle版
 
民法判例百選I 総則・物権(第8版) 別冊ジュリスト

民法判例百選I 総則・物権(第8版) 別冊ジュリスト

  • 発売日: 2018/06/22
  • メディア: Kindle版