仲村比呂のブログ

Written by Nakamura Hiro

誰かの弟子になってみませんか?

 今は(と言ってもかなり前から)、お笑い芸人になりたい人は、力がある芸人に弟子入りするよりも、吉本や人力舎などの芸能事務所が設立した学校に入ることが多いと思います。
 

 自分も、吉本の育成学校出身のダウンタウンなどを見て育ったので、芸能界に入るために誰かに弟子入りするなどという制度は時代錯誤なもので、いずれ消えていくものだと思っていました。

 

 しかし、最近こういう制度があってもいいのかなと思うようになりました。もちろん、昔ながらの身の回りの世話を含めた、いわゆる住み込みのような弟子入りではなく、もっとゆるやかな入り方で。最近流行の有名人のサロンがその好例でしょう。
 さらに言えば、今生きている人だけではなくて故人でも、複数人でもいいと思いまし、期間限定でもいいと思います。

 

 別にお笑いに限ったことではないですが、育成学校という場は、きちんとしたカリキュラムがあって、それに沿って習っていけば、順序よく学びたいことを習得できます。それに同級生もいれば、集団の競争原理が働いて切磋琢磨しあえるというメリットもあります。

 

 ただし、お笑いだけではなく、芸能というものは、まさに個人のキャラクターやオリジナルで勝負する世界です。みんなと同じ授業を受けて、仲間でつるんで遊んで、それでオリジナルなものが作れるようになるのでしょうか。なるかもしれませんが、やはりどこかでなれ合いが生じると思います。なれ合いは甘えです。そこに教育機関のジレンマが生じます。

 

 先日、志村けんさんが亡くなりました。ご存じのとおり彼はザ・ドリフターズの一員でした。 当初は、ボーイとして入りました。つまりはザ・ドリフターズに弟子入りしたわけです。

 

 そこで間近から、ザ・ドリフターズのメンバー一人一人の行動をつぶさに観察して、彼らが普段何を見て、考え、どう発想し、表現に繋げているいるのかを直に感じ、笑いを学んだのだと思います。そして、恐らくいずれ自分が入った時、このメンバーに何を加えられるかと。つまり存在意義を探っていたと思います。

 

 かつて、演歌歌手が作詞家の家に下宿して、身の回りの世話までしていたと聞くと、んぜそんなことまでと思うかもしれませんが、志村けんさんと同じく、作詞家が表現する世界にできるだけ近くに身を置くのが、歌うということについて必要なことだったのでしょう。歌のレッスンを受けながら、自分らしさや表現力を練り上げていったのだと思います。

 

 もし、ザ・ドリフターズが、後継者を育成するための学校を作っていたらどうなっていたでしょう?いかりや長介さんが教師として、授業を行う。
 もちろん、入学者希望者はたくさん出るでしょう。ひょっとしたら、志村けんさん以上の才能ある者が入ってくるかもしれません。
 しかし、あの当時ザ・ドリフターズの育成学校があって、数百人の生徒が入ってきていたとして、あの志村けんさんが生まれたでしょうか?

 

 たぶん出て来てません。言い方に語弊があれば、ああいったスタイルでは出てきてないと思います。違った志村けんさんになっていたと思います。
 それは、普通の学校での教育制度を見ていればわかります。個性を大切にするようにしてはいますが、それはお題目だけで、結局は社会に有用な人を作るために、個性がすりつぶされるシステムが確立されています。

 

 個性とは、自分なりの色だと思います。濃い色の人の間にあれば当然濃く染まります。平均的な人間ばかりのところにいれば、当然平均的な色合いになってしまいます。
 そして、弟子入りですが、一見すると個性を消すことになって、結果的に師匠の色に染まってしまうような気がしますが、それは最初の段階の話です。

 

 かつて、世阿弥が残した風姿花伝書によると、師匠を真似ることから始まり、そして反発し、独自の芸を作り出して独り立ちをする。その過程が書かれています。
 これでわかることは、よほどの天才で無い限り、芸事というのはまず真似ることが大切だということです。そして、個性といったオリジナルは最後の段階だと言うことです。学校というのは、先に個性ありきになりがちです。自分の色を出しなさい。考えを出しなさいと。そんなの無理に決まっています。

 

 ダウンタウンのような天才は、真似から入る必要がなかっただけで、同時期に成功したウッチャンナンチャンが、内海桂子・好江師匠に弟子入りしていたそうですが、今では師匠とはまったく芸風が違っています。
 弟子入りというのは、時代錯誤かもしれませんが、ある芸能の分野でどうしても成功はしたいんだけど、最初からオリジナルで勝負できない人たちにとっては、意外な近道になる気がします。

 

 そして、さきほども書きましたが、お金持ちになりたくてサロンに入ったり、華道の資格を取るために弟子入りしたりするように、じかに稼げるといった意味でも、現代のリアル弟子入りだと思います。
 最初、真似るというのは意外に難しいことです。特に小説や絵画など、まったくスタイルや方法を真似てオリジナルとして出したら、それこそ○○もどきと言われて終わりです。もちろんお笑いも同じですが。

 

 画家になるにしても当初は有名作品の模写から始まるように、きちんと真似ていけばどんな道でも必ず力になると思います。
最近、料理人の世界で、個人的に弟子入りして修行するのを嫌がり、専門学校を卒業してすぐに料理の道に入る人も多くなっていると聞きます。

 

 たしかに、厳しい上下関係やパワハラ、薄給、長い修行期間という問題もありますが、それは別の問題として解決していくべき問題だと思います。
「一度選んだらとことん最後まで」という根性論こそ今という時代に合わないことです。ですからもし気に入った人がいれば、サロンでも何でも弟子入りしてみても面白いと思います。あのドワンゴを作った川上量生さんが、ジブリの鈴木敏夫さんに弟子入りしたように。

 

 早速、故 池田晶子さん、故 吉本隆明さんに弟子入りしようと思っている仲村でした。
 ではまた

吉本隆明全集〈1〉 1941-1948

吉本隆明全集〈1〉 1941-1948

  • 作者:吉本隆明
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: 単行本
 
風姿花伝・三道 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

風姿花伝・三道 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

  • 作者:世阿弥
  • 発売日: 2013/09/26
  • メディア: Kindle版