仲村比呂のブログ

Written by Nakamura Hiro

役に立つ情報なんて何もないけれど

 ブログ(特にて広告収入を目的としたもの)入門の本には、読者にとって役に立つ情報を書きなさいとあります。そして、それを毎日書き続ければ、ある時バズる時が来て、読者が付きそこからある程度の収入が見込まれるようになると。

 

 しかし、そもそもみんなに役に立つ情報って人は持っているものなのでしょうか。少なくとも私は何も持っていません。
 かつて、多くの人が思うように、サラリーマンなど一日でも早く辞めたいと思っていたので、これまで副業や投資と呼ばれるものは、何でもやってきました。

 

 その中で、プログラミンに手をつけたこともありますが、解説書通りやっても、結局簡単なソフトすら完成できませんでした。
 さらに商品紹介というのも色々やってみましたが、元々あんまり物欲がないのでどの商品も同じに見えてしまい、どうしても深く語ることはできませんでした。その他に人気ブログで扱われる外国留学も、転職情報も詳しくありません。つまり人に伝えられるような技術も経験もないということです。

 

 もちろん、過去を振り返れば何らかの役に立つことも、一つや二つぐらいは書けるかもしれません。でも百個も二百個も、それも毎日言えるようなまったくありません。すぐに在庫がつきてしまいます。

 

 だとすると、やはりブログを書いてアフィリエイトで稼ぐことなど、とてもできなさそうです。逆に、それが出来ている人はたた単純にすごいなあと尊敬してしまいます。
 もちろん、プログラミングや転職以外にも人気のあるブログはたくさんあります。悩み相談とか、人生訓。面白い体験等々。

 

 しかしです。一度やってみたことがある人ならそう思うでしょうが、ずっとやっていると、何となく自己嫌悪に陥っていきます。悩みの回答や生き方などを偉そうに語っていると、ついこう思ってしまうのです。
 
 自分がそんな偉そうなことを言える人間なのかと。
 
 そう思いながらも続けられる人も、ただ単純にすごいなと感心してしまいます。
 それでも続けるとしたら、最近自分は、何かについて考えたことぐらいしか書けないことがわかってきました。

 

 かつてエッセーの語源となった「エッセ」を書いたモンテスキューは、その冒頭に、自分が死んだとき、友人や親戚が自分が何を思って生きていたか知って欲しいために書いたといいます。今生きている人々に向けて、考えを広めたいと書き始めたわけではありません。たぶんそこには、やはり自分を語ることについての、根本的な照れみたいなものがあったのだと思います。

 

 私もブログを書き始めたとき、「断言したほうがいい」、「強めに書いた方がいい」という入門書の記事を鵜呑みにして、書いたりしててきましたが、元々強きな性格ではないので、書いた文書がリアルタイムに伝わると思うと、だんだん書くのが辛くなっていきました。

 

 結局、ブログにかかわらず、文書を書いて人に読んでもらおうとするのは、ある種の照れみたいなものがないと、主張は段々と過激に、挑発的になってしまうのだと思います。一部のTwitterやブログで、汚い言葉が書かれてあることがありますが、恐らく筆者は最初はそうでなくても書いているうちに段々となってしまったのだと思います。

 

 一度汚い言葉や挑発的な言葉で承認されると、中々辞められなくなっていきます。それをある程度で止めるには、モンテスキューが持っていた照れのようなもの一つの方策になるかと思います。

 

 アフィリエイトで稼げる人は、別にブログじゃなくても、現実世界の実業でも成功できる人だと思う仲村でした。
 ではまた 

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

  • 作者:河合大志
  • 発売日: 2014/09/18
  • メディア: Kindle版